忍者ブログ


[PR]
CATEGORY : [] 2017/09/26 16 : 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



奥菜恵 赤い棘
CATEGORY : [ひと] 2008/04/01 15 : 43

奥菜恵が「赤い棘」という暴露本を出す話。
http://news.livedoor.com/article/detail/3576096/

昔の男性遍歴とか、藤田社長との生活とか、そんな話が
のっているらしい。

昔、奥菜恵と広末涼子が2大勢力だったような時代に
すごいかわいいなぁと思っていたんですけど、
ついに暴露本を出すとは、迷走していますね。

暴露本って40代ぐらいの人が出しているイメージがあるけど
彼女は28歳。若いのに、いくところまでいっちゃってる。

10代ぐらいに人生の頂点が来ちゃうと、その後を
どうするかってすごい難しいんだろうな。
チヤホヤされすぎて、普通の感覚はなくなってしまうだろうし。

特に10代ぐらいの性格が固まっていない状態で
そのチヤホヤを経験してしまうと、その後の人生が
狂ってしまうだろうな。

人気が落ち着いてきたに頃に金持ちと結婚できたから
よしとすればいいのに・・
まぁでも、いろいろあったとはいえ、まだ十分きれいだから
それなりに不自由ない生活はできるだろう。

それを思うと、松田聖子は本当にすごい。
頂点の時期とはずいぶん違うだろうけど、今でもファンが
たくさんいるし、スキャンダルの女王なのに、汚れた感じも
あまりしないし。

広末も迷走しているけど、なんとか女優への道に
復帰できそうだし、子供もいるのに、透明感のある
かわいらしさを持っているから、復帰できそうだな。

女優はきれいな人ほど、年齢をとって容姿が
衰えることのプレッシャーが本当にすごいんだろうなと
思う。外見が商品で、外見こそが自分の価値だから
だんだん年齢とともに容姿が衰え、ちやほやされていたのが
減ってくるのは恐怖に近いんじゃないかしら。

ちなみに奥菜さんはあの押尾学とかCRAZEの瀧川一郎とかと
付き合ってたらしい。

PR


こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
浅田真央
CATEGORY : [ひと] 2008/02/17 03 : 34
フィギュア4大陸選手権で浅田真央が初優勝ですと。
浅田真央は安藤美姫よりも安定して、調子がいいですな。

優勝したのはすごいがこんな写真をのせることはないんじゃ。。
http://sankei.jp.msn.com/photos/sports/other/080216/oth0802161829006-p3.htm
http://sankei.jp.msn.com/photos/sports/other/080216/oth0802161829006-p4.htm


こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
柳美里
CATEGORY : [ひと] 2008/02/16 19 : 19
作家.柳美里、週刊誌記者をストーカー認定で全面戦争/ニュースウォッチ

ですって。子供をひっぱたいたと、柳美里さんがブログに書いて、
それが問題になって、取材に行った記者を柳さんがストーカーと呼んで
ケンカ売ってるという話ですが、すごいことになっているなぁ。

この方、「命」「魂」「生」という大作を昔に書いていて、話題になって
いましたよね。読んだことがありますが、東由多加さんという演出家の人の
子供ができて(2人は結婚してないはず)それなのに東氏が
末期のがんになってしまって、闘病するという話だったと思う。

それで、子供が産まれた3ヶ月後に東氏は亡くなってしまったはず。
この本は重たいけれど読みごたえのある本だった。
子供を産んで、新しい命を産み出すと同時に、その子供の父親を
亡くすという、生と死に深く関わった話だったと思う。

しかし、柳美里氏は本を読んでいる感じ相当不安定な性格のようなので、
子供を産んで、一人で育てるなんてかなり厳しいのでは・・と
思っていたんですが、やっぱり大変そう。

こういう人はそもそも不安定なのだから、せめて支える男性がいないと
子供が大変そうだと思うんです。それなのに、父親は亡くなってしまうし。。
あぁ、本人も子供もなんか心配だなぁ。。

こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
しょこたんぶろぐが移転
CATEGORY : [ひと] 2008/02/14 21 : 15
しょこたんぶろぐがExciteに移転ですって。
大人の事情でしょうか。
この猫、かわいすぎます。
http://blog.excite.co.jp/shokotan/2855858/

しょこたんもかわいいなぁ。。

こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
セレブ妻 公判
CATEGORY : [ひと] 2008/02/13 00 : 45
バラバラ殺人を行ったセレブ妻の公判が12月から行われているのですが、
その公判の様子を、検察や弁護士と被告人のやりとりが
産経新聞のサイトにそのままのっています。

第7回公判 2008年2月12日 のものが更新されています。
http://sankei.jp.msn.com/etc/080212/etc0802121333002-n1.htm

過去分の初公判から第6回公判までもあります。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/071220/trl0712201644029-n1.htm

第6回公判では被告は夫の殺害に至るまでの追い詰められた心理を
語っています。

第7回公判は実際に夫を殺害した場面についての供述となっています。

毎回読んでいますが、事件に至るまでの経緯を被告が説明したり
するところなどがかなり細部に渡って供述しているので、
その時の本人の精神状態がいかに追い詰められていたか、というのが
よくわかります。

歌織被告は祐輔さんに度重なる暴力を受けていて、供述通りだとすると
日常的に行われていたみたいで、何度も何度も逃げようとしていたのに
逃げる場所がなくて追い詰められて、ついに犯行に及んだらしい。

それまでも何度も離婚を歌織被告の方から切り出したが、祐輔さんに拒否を
され続けていたらしい。

もちろん歌織被告からの供述なので、全てが正しいかはよくわからないけど
鬼気迫る内容なので、嘘で思いつくような内容ではないな。。という感じです。

殺人をしたということはもちろん悪いんだけど、常に暴力に晒されて、
そこから逃げる手段がないと思ったときには、もう普通の精神状態では
ないんだろうな、とは思います。

彼女の場合、実家とも折り合いが悪くて実家が受け皿になって
くれなかったというのも大きいと思います。

彼女の父親もなかなかすごくて、歌織被告が離婚をして実家に
帰りたいという旨の相談をしたら、「おまえの自業自得だ」みたいな
ことを言われたらしいですよ。

もともと両親から結婚の反対があって、両親に何も言わずに
勝手に結婚してしまったみたいで、それで実家にも帰れない
状態だったようです。

なんとなく、実家から逃げたくて結婚をしてみたものの
結婚生活も暴力的なもので、もう他に逃げ場はなくなって
しまった・・という感じですね。

とりあえず、遺体を切断したみたり、リフォームしてみたりと
現実からの逃げ方がなんだか子供っぽいですが。

彼女も悪いんだろうけど、なんかちょっとかわいそうな感じもします。

こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
| HOME |

忍者ブログ[PR]